ダブル洗顔の効果

■ダブル洗顔とは

ダブル洗顔とは、「2回洗顔を行うこと」ではなく、「クレンジング剤でメイクを落とした後に、さらに洗顔を行うこと」。
顔に残ったクレンジング剤や汚れをもう一回洗顔することで効果的にきれいにしようというスキンケア方法なのですが、実はこのダブル洗顔を行っているのは日本だけなのだとか。
これは、日本が湿気が多く肌がべとつきやすいために毛穴まで効果的に・徹底的にきれいにしたい、という日本特有のスキンケアなのかもしれません。

最近はクレンジング剤もメイクお年効果が強力なものが増えているので、無理に二回も洗顔をする必要が無いと、美肌のカリスマこと佐伯チズさんも提唱しているんですよ。


■敏感肌とダブル洗顔

敏感肌の方は化粧品はもとより、汚れをきれいにする洗顔にはかなり気を使いますが、敏感肌にダブル洗顔は少々危険。
低刺激の石けんで洗ったとしても、一度に二回も洗顔で刺激を与えればお肌は痛んできてしまうのです。
そういった方は、自分の肌にあったミルククレンジング(佐伯チズさんもオススメしています!)だけで顔をきれいにして、後は洗顔料などを使わずに基礎化粧品を使うだけのスキンケア方法が効果的かとおもいます。
なんだか汚れ落ちの効果があまりなさそうとおもうかもしれませんが、その分丁寧にミルククレンジングをすることが大切なんですよ。


■ダブル洗顔の効果

ダブル洗顔の効果はやはり「お肌がさっぱりする」ということ。
特に暑くて皮脂がバンバン出る夏などは、石けん等でダブル洗顔をすると本当に気持ちがいいですよね。

ですが、このダブル洗顔は効果がある反面、お肌が本当に必要な皮脂を取りすぎるという弱点があります。
日本では「皮脂=邪魔者!」というイメージがあるので徹底的に皮脂を取り去ろうとする方が多いですが、その皮脂は美肌を作るためにも必要な効果を持つ成分。
さっぱりするのもいいですが、やりすぎには注意しましょうね。


■ダブル洗顔とクレンジングオイル

効果的にメイクを落としたり、毛穴の中の汚れをさっぱりさせる為にダブル洗顔でオイルクレンジングを使うは多いですが、ニキビができてしまったという方もいるようですね。
確かに顔のアブラ的な汚れを落とすのにオイルは効果的ですが、完全にクレンジングオイルを体から取り去るのは不可能ですし、それ以上にニキビができるなどお肌へのリスクは大きいのです。
顔に残留したオイルが体から抜けきるのは、オイルの使用をやめた10年後といいますから、肌に合わないなと思った方は早めに脱・オイルを考えた方がいいかもしれませんね。

ダブル洗顔の効果の関連記事

▲ダブル洗顔の効果トップに戻る