米ぬか洗顔

■米ぬかの効能

昔、ぬか漬けを作っていたお母さんやおばあちゃんのてはとてもきれいだった...という話がありますが、これは野菜を漬けていて、毎日かき混ぜているぬか床によるもの、という説があります。

というのも、ぬかにはマグネシウムやカルシウムなど成分の他、ビタミンBやビタミンEなど、美肌作りには欠かせないビタミン成分がたっぷり入っているからです。
これらのビタミンによって皮膚の代謝が活発になりやすいので、洗顔や入浴剤などにうまく活用するとお肌がきれいになるんですよ。
美白を始めたい人にもおすすめなアイテムのひとつです。


■米ぬかで洗顔

米ぬかで洗顔するときのポイントは、「洗顔するぬかは必ず新しいものを使う」ということ。米ぬかは生ものなので、古いものを使って洗顔すると肌荒れを起こしてしまう可能性もあるので、これは必ず守りましょう。

ぬかを毎回毎回準備するのが面倒という方は、「お米のとぎ汁」を活用してもいいですよ。
(1回目のとぎ汁は汚れがついているので、まず捨てて、2回目のものをとっておいて使うといいですよ)
こちらもぬかで洗顔したとき同様の効果があるので(栄養などもある程度はぬかと同様です)、お米を毎日食べる!という方はこちらを利用してもいいですね。


■米ぬかを使った化粧品

米ぬかに美白など肌に嬉しい効能があるのは、米ぬかを使った石鹸などの洗顔料や化粧水が多いことからも明白ですね。
数多い化粧品の中でも「これは!」と思うのが、日本酒メーカーの日本盛から販売されている「米ぬか美人」。
酒造メーカーの作成する化粧水などは総じて評価が高いので、日本酒メーカーの中でも特に有名な日本盛と聞けばそれだけでも期待ができそうですよね。
また、このブランドでは洗粉(洗顔石鹸)や化粧水などといった基礎化粧品のほかにも、ファンデーション等のベースメイクグッズも販売しているので、トータルでスキンケア・メイクアップの道具を選びたい方にはおすすめですよ。


■米ぬかとアレルギー

ぬかを洗顔や入浴剤に使ったら、赤くなってしまった...という方は、アレルギーを疑ったほうがいいかもしれません(お米を研ぐと手が赤くなる方は要注意です)。
普段お米を食べているからそんなのはありえないでしょ、とアレルギーを疑わない方も少なくはありませんが、「米ぬかアレルギー」というものも実際に存在するんです。
赤くなったと思ったら、すぐにきれいな水で洗い流して普段の洗顔・スキンケアをするなどして、肌への被害を最小限に抑えるようにしましょう。

米ぬか洗顔の関連記事

▲米ぬか洗顔トップに戻る