手作り石鹸

■手作り石鹸を買う

手作り石鹸を作るにも、キットを買うのもなんだし面倒...という方は、やはり買うのが一番ですね。
最近はイギリス発の手作り石鹸などを通販などでも販売している「LUSH(ラッシュ)」なども人気を集めています(香りがきついので好みが分かれるところだと思いますが)。
香料も抑え目でプレゼントにもよさそうな手作り石鹸には他にも「アンティアン」があります。

どちらも480?1000円と少々買いにくい値段ですが、物によっては髪の毛からボディまで全身きれいにできるので、石鹸一本で体中をきれいにしたい方にはおすすめです。


■アトピー対策に手作り石鹸

アトピーなどの皮膚疾患をお持ちの方は、石鹸を選ぶのも一苦労ですよね。肌に優しいものは高値だったりして、買うのも大変。そんな方は無添加の手作り石鹸を作るのに挑戦してもいいと思います。
子供と一緒に夏休みの宿題代わりに挑戦してもいいですね。
おしゃれに敏感な女の子なら、香料代わりにアロマオイルを使って手作り石鹸にするのもいいですね。
アトピー対策ならば炎症を鎮静させる作用のあるカモミールやラベンダー、ティーツリーのオイルをホホバオイルとあわせるといいですよ(ティーツリーは香りが強くカモミールなどの淡い香りが消えてしまうので、ティーツリーは単独で使ったほうがいいですよ)。


■はちみつの手作り石鹸の注意

はちみつには保湿効果があるということで、昔からパックなどのスキンケアにもよく活用されています。
手作り石鹸にはちみつを入れても、やはり普通の無添加石鹸よりも乾燥しにくいのか肌がパリパリしにくくなります。
ここで注意したいのが、赤ちゃんのお肌の乾燥が気になるからとはちみつ入りの石鹸を使うのはNG、ということ。
はちみつの中のボツリヌス菌が泡などの形でうっかり口の中に入ると、乳児ボツリヌス症を発症することもあります。
最悪は死に至ることもありますので、1歳未満の抵抗力のまだ弱い赤ちゃんには絶対に使わないようにして下さいね。


■廃油で手作り石鹸

揚げ物に使ったオリーブオイルやキャノーラ油などの廃油でも手作り石鹸は作れますし、通販などでキットも販売されていますが、オリーブオイルなどきれいな新品の油を使ったものに比べると、においがするので使いにくい...という声も聞きます。
そんな方におすすめなのが、廃油にドライハーブを漬け込んで香り付けをすること(細かく刻んでもいいですよ)。
手近なところではラベンダーやローズマリーなどが手に入りますよ。
匂いを飛ばしたい方は、薬局でも販売しているハッカ油を使うのもいいですよ。色々と試してみてくださいね。

手作り石鹸の関連記事

▲手作り石鹸トップに戻る