毛穴の炎症の場合

■炎症とにきびの関係

「炎症」と「にきび」は頭の中で結びつかないかもしれませんが、にきび(吹き出物)は毛穴が炎症を起こした現象を指したものなのです。
にきびのできるメカニズムは、皮脂が詰まった毛穴にアクネ菌(直接の原因になる菌です)が発生・増殖して炎症を起こしたためにできてしまう...というものなので、きちんと洗顔をするなどスキンケアを心がけて汚れをためないことが大切なんですよ。


■スキンケアで炎症対策

毛穴の炎症を抑えるためには、日頃のスキンケアが一番大切です。
病院(皮膚科にかかりましょう)に行って薬をもらってくるのもいいですが、できるなら自力で治療したいですよね。
ここでポイントになってくるのが、肌荒れを起こしたところは刺激を与えないようにすること(逆ににきびが悪化します)。
スクラブ系の洗顔は使うのはいったんストップして、低刺激の洗顔をふわふわに泡立てて洗ってあげるようにしてくださいね。


■スキンケアのやりすぎに注意

毛穴に皮脂がたまるというのが、毛穴の炎症のそもそもの原因。だからといって、皮脂をなくしてしまえばいい!というわけではありません。
毎日毎日皮脂を取りすぎると、逆に体のメカニズムが勝手に「油が足りない、もっと皮脂を出せ!」と必死に皮脂を分泌してしまうので逆効果になってしまう上、体の必要な油を取り去ってしまった為に油分の少ない部分はかさかさになってきます。
そうなるとTゾーンは油でテカテカ、頬はカサカサ...といういわゆる「混合肌」になってしまいますので、くれぐれもやり過ぎには注意してください。


■毛穴の炎症の原因と対策

毛穴が炎症を起こしてにきびや吹き出物になる原因は、油物の摂り過ぎ(皮脂が過剰分泌されます)やホルモンバランスの崩れなどがあります。特に思春期の頃や女性の場合生理前などは特に皮脂が出やすく、肌トラブルを起こしやすいんですよ。
治療としてはスキンケア+皮膚用の薬などを併用してもいいかもしれませんね。クレアラシルなど市販の薬を使ってもいいですが、塗りすぎると毛穴に入って逆効果なこともあるので、うすーく塗るのがポイントです。


■皮膚を助けるビタミン

美肌の為にビタミンを摂取しましょうとよく言いますが、その中でも特にビタミンCは毛穴の炎症にも効果があるんです。
なぜかというと、ビタミンCには「毛穴の角栓を開く」「皮脂の分泌を抑える」という効果があるので、継続して摂取し続けることでトラブルを起こしにくい皮膚をつくりだすことができるんですよ。
サプリメントでも摂取は簡単にできるので、お肌の調子が悪い方は試してみるといいですね。

毛穴の炎症の場合の関連記事

▲毛穴の炎症の場合トップに戻る