洗顔の方法

■泡立ての方法

きれいに顔を洗うには「よく洗顔料を泡立てる」のが一番。
ですが、パッケージに書いてある使用方法を守ってみても何だかうまくいかない...とお悩みの方もいると思います。
そういった方にお勧めしたいのが「泡立てネット」。
適量の洗顔料とお水を混ぜてもむだけで、簡単にもこもこの泡ができます。
100均でも販売しているので、まとめ買いしても安心ですし思う存分使い倒せます。
また、他の方法としては洗顔料にほんの少量の重曹を混ぜるのもおすすめ。
化学反応で泡がすごい勢いで膨らみますよ。
週1ー2回重曹を増量して、ピーリング効果のあるスクラブ洗顔をするのもいいですよ。


■ガスール使用の注意

ガスールは、モロッコで取れる粘土の一種で、洗顔など様々な方法に使える無添加のコスメとして口コミでも熱い人気を集めています。
ですが、使用方法に注意をしないと、肌トラブルの元になるので注意が必要です。

まず注意しなければいけないのが「ガスールをよく溶かすこと」。
もともとは粘土の為、きちんと溶かさないと土がちくちくして肌に悪い刺激を与えてしまいます(けっこう痛いです)。

もうひとつは「保湿」。
私はけっこう脂性肌だったはずだったのですが、毎日洗顔にこれを使ったところ、しばらくの間乾燥肌になりました。
使う際は、強力な保湿アイテムを用意するようにしてくださいね。


■ニキビに対しての対策

ニキビに対しての最大の対策は「とにかく清潔にする」ということ。
方法としては決まった量の洗顔料を使ってキレイに洗い流して(意外とこれが重要)、放置するだけで大丈夫。
薬を使うときも少なめな量を薄く塗るだけでいいんです。
ちなみに、無添加など低刺激な物で丁寧に洗うことが大切です。
スクラブなどで削るのは論外ですよ(ボコボコのお肌になっちゃいますよ!)。
「いっぱい薬を塗れば早く治るだろう」というのは間違いで、逆にごってリ塗ったりすると、薬にホコリがついたり、肌の乾燥が進んだりするので返って逆効果。
使用方法はきちんと守るようにしてくださいね。


■乾燥肌の方の洗顔方法
洗顔したそばからお肌が乾燥する...というのが、乾燥肌の人の大きな悩み。
そんな方は「朝はお水だけで洗ってしまう」というのも方法の一つです(朝は肌にお化粧がついていないので、この方法でもOKなんですよ)。
あと、洗顔料は肌に乗っている時間だけお肌の脂を取り去ってしまうので、ちゃっちゃと終らせて即保湿を開始することも重要です。
最近流行のピーリング成分の入ったものや重曹を使うのは、脱脂力もかなり強烈なので、特に乾燥する冬などの使用は控えたほうがいいと思いますよ。

洗顔の方法の関連記事

▲洗顔の方法トップに戻る